様々な製品に使える撥水剤は多くの現場で活用されています!

電子回路

撥水剤の特徴とはどのようなものか

工場

撥水剤という言葉を聞いたことがある人は多いでしょうが、それが具体的にどのようなものなのかを知っている人は少ないでしょう。撥水というのは水を弾く作用の事を言って、撥水剤を塗布した物体は表面を水が転がるように落ちていくようになる特徴があります。似たような言葉と性質に防水というものがありますが、こちらの方は水を浸透させない性質の事を言うので撥水とは異なるものです。この撥水剤は現在様々な場面で使われており、身近な所でも活用されている事例が多く見られます。最も身近な物で言えば雨具の類がこれに当てはまります。また防水スプレーとして市販されている雨や泥汚れ防止用のコーティング剤も、水を弾くものなので正確には撥水剤の一種です。その他には車のフロントガラスなどに雨水の切れを良くするために使用するフッ素コーティング剤も、撥水剤の代表的な使い方になります。雨の日の視界の確保はもちろんですが、泥水もすぐに流れ落ちるので汚れが付きにくくしてくれます。撥水剤は後から物体の表面に塗布する事で、その物に撥水性を持たせることが出来るのが特徴で、単に濡れにくくなるというだけでなく、汚れをつきにくくしたり落としやすくしたりするという効果があります。これによってメンテナンスの手間も大きく省けるので、工業用品への撥水剤の使用も頻繁に行われています。

最新情報

金属部品

水や油をはじく撥水剤で電子部品を守ろう

撥水剤とはいわゆるフッ素コーティング剤などのことです。フライパンのフッ素コーティングはよく知られているので…

more
はじかれた水

電子部品を守りたい時にも活用可能な撥水剤

電子部品を扱う際に、注意をしておかなければいけないのが水に関する対策です。水没など水に浸ってしまった場合は勿論、高…

more
工場

撥水剤の特徴とはどのようなものか

撥水剤という言葉を聞いたことがある人は多いでしょうが、それが具体的にどのようなものなのかを知っている人は少ないでし…

more
TOP