様々な製品に使える撥水剤は多くの現場で活用されています!

電子回路

水や油をはじく撥水剤で電子部品を守ろう

金属部品

撥水剤とはいわゆるフッ素コーティング剤などのことです。
フライパンのフッ素コーティングはよく知られているので知っているかもしれません。
フッ素コーティングをすることで他の物質との化学反応を起きにくくしたり、その撥水性を利用してフライパンの吸着水と、食材が直接接触させなかったりして焦げ付きにくくしています。
他にもアイロンや薬品用配管など様々な場面で活用されている表面加工剤です。
そもそも撥水というのは、物の表面についた水を弾く作用のことで、撥水剤で素材表面を加工することで、水が素材内部に浸透することができなくなります。
そのためフッ素でコーティングすることは、電子部品の撥水や撥油に最適な技術です。
撥水剤は防水と違い素材の隙間を埋めずに通気性があるのが長所です。
例えばタッチパネルの撥水や撥油が可能で、油をはじくので指紋防止にもなります。
他にもプリント配線板やコネクターや、電子部品のフラックスはい上がり防止など様々な電子部品に最適です。
更に撥水撥油性をもたせることによって、モーターの軸受け油が広がることを防ぎ、ハードディスクが故障するのを防ぐこともできます。
それぞれの用途に合わせた樹脂分濃度を選択することで効果が期待できます。

最新情報

金属部品

水や油をはじく撥水剤で電子部品を守ろう

撥水剤とはいわゆるフッ素コーティング剤などのことです。フライパンのフッ素コーティングはよく知られているので…

more
はじかれた水

電子部品を守りたい時にも活用可能な撥水剤

電子部品を扱う際に、注意をしておかなければいけないのが水に関する対策です。水没など水に浸ってしまった場合は勿論、高…

more
工場

撥水剤の特徴とはどのようなものか

撥水剤という言葉を聞いたことがある人は多いでしょうが、それが具体的にどのようなものなのかを知っている人は少ないでし…

more
TOP